財団について
角膜・臓器移植とは
臓器提供意思表示カード
意思登録
Q&A
お知らせ
役員名簿
寄付行為
事業報告
収支決算
事業計画
収支予算
リンク
公益財団法人熊本県移植医療推進財団

Q and A

角膜移植
熊本県移植医療推進財団に連絡するのは、死後何時間以内ですか。
死後約10時間以内の摘出が目安ですが、状況にもよりますのでご相談ください。
意思表示カードには、眼球とありますが全眼球をとりだすのですか。
熊本県では、角膜だけを丸く切り取り、眼球はご遺体にそのまま残す方式を取り入れています。
摘出後の顔は変わりますか。
角膜だけを摘出し、義眼を入れますのでほとんど変わりません。
登録には年齢制限がありますか。
ありません。
献眼できない場合はありますか。
感染症(エイズ・成人型T細胞白血病・B型肝炎・C型肝炎)が陽性の場合は献眼いただけません。
臓器移植
臓器提供は何歳までできますか。
各臓器によって基準が異なるので専門家が判断しますが、70歳以下が望ましいです。
臓器提供時の費用は。
提供者の方には費用はかかりません。また、善意に基づく提供なので報酬等もありません。
提供後の遺体は。
胸からお腹にかけて傷は残りますが、きれいに縫い合わせて清潔なガーゼでおおわれます。お身体はきれいな状態でご家族のもとにお戻りいただけます。
↑このページのTOPへ

   
copyright (C) 2008 Kumamoto Organ Transplant Foundation allrights reserved.